決め方

入れ歯

歯の痛みは歯科で調べてもみても原因がわからないということがあります。
よくあるケースとして、家では痛みを感じていたのに、歯医者に行って待合室で待っている時点では痛みはすっかり引いていて、診てもらっても特に悪いところは見つからないというのがあります。
ただ、だからといって痛みがあるのに放置していると、原因が虫歯だった場合にどんどん進行してしまうので、すぐ病院に行って診てもらうようにしましょう。
また、虫歯以外にも親知らずが原因で周辺に痛みを感じるということがあります。
たとえば、知歯周囲炎と呼ばれる炎症がありますが、これは親知らずの周辺に磨き残しが溜まって不潔になり、それが原因で炎症を起こすというものです。

しかし、歯が痛んでどうしようもないという場合でも、休日や夜間で病院がやっていないというケースもあります。
そういう場合は、鎮痛剤を飲んで一時的にしのぐという方法があります。
鎮痛剤が手元にないという場合は、夜間に診察してくれる緊急病院に行って薬をもらうということが出来ますし、地域によっては夜間に診てくれる歯科病院もあります。
また、歯科に行くのがちょっと怖いので、行く前に誰かにアドバイスを受けたいということもあるでしょう。
そういう場合、歯科医がインターネットで開設している相談サイトを利用するという方法があります。
本格的な診察は勿論出来ませんが、画像などを添付すれば、歯の状態などを見てアドバイスをしてくれます。