ウーマン

小顔になるための生活

ウーマン

小顔になる為に出来ること

顔の形はもともとの骨格で決まる部分が多いと言われていますが、日頃からのケアもとても大切です。自分では丸顔だと思い込んでいる人でも、むくみやたるみが取れることで小顔になれるともよく言います。顔が大きく見えるのには、このむくみやたるみが原因である事が多いのです。特に朝起きたばかりだと顔が腫れぼったいという人は代謝機能の低下や筋力不足によるものがほとんどです。水分の摂取を控えたり、血行を良くするマッサージをして、基礎代謝を上げる事が大切です。顔や首のむくみやたるみを引き締める事は、肌にもハリが出てきて実年齢よりも若く見せることも期待できます。また、小顔になる為には顔の筋肉を動かすといいと言われています。顔を動かさないことによる筋肉のコリは、たるみにつながるので要注意です。これは食生活のうえで、よく噛んで食事をすると効果的です。最近は手軽に食べれるファーストフードや洋食など、よく噛まずに食べられるものが増えてきています。しょっちゅう柔らかい物を食べたり、しっかり噛まずに飲み込む癖がある人は、顎の筋肉が衰えて引き締まった小顔には程遠くなってしまうので、気をつけなければなりません。和食に多い根菜類やお漬物など、歯ごたえのあるものを進んで食べると効果的です。根菜類は便秘の解消にも役立ちます。早食いをせず、ゆっくりとよく噛むことを意識したいものです。小顔になる為には首からデコルテにかけても重要です。顔の皮膚は首と直接繋がっています。パソコンを長時間使うなど、首を動かす機会が少ないとたるみやシワの進行を速めてしまいます。こまめに首を動かして刺激を与えることを心がける事が必要です。顎の下のフェイスラインに沿って、リンパをスムーズに流して血行をよくするマッサージで顔のコリをほぐしましょう。また、これらの対策を行なっても効果を実感することが出来なかったり、効果に即効性を求めるのであれば、美容外科で治療を受けてみてはいかがでしょうか。最近は、ボトックス注入と言う手軽な小顔治療も登場しています。持続効果は半年ほどですが、費用もお手頃です。傷跡もほとんど目立つことはなく、気軽に挑戦することが出来ると人気が高まっています。